初めてでも格安でシール作成をするには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シール作成にあたり、素材選びは欠かせないポイントとなります。フィルム素材より紙素材の方が、費用を抑えてシール作成をしやすくなります。特に上質紙タイプは、概ね一番格安メニューな場合が多いです。
シール作成を依頼する場合、枚数が多い方が1枚当たりの費用単価を抑えられます。しかし、シールには寿命がありインクは概ね3年から5年の耐候性です。合成紙の場合は屋外の耐候で1年程度です。業者によっては刷り増し注文をしてもらえますから、無駄を抑えたい場合は必要に応じて注文をしましょう。
また、屋内や屋外、業務用など使用する目的によりシール作成のあり方が異なります。用途に合った方法をとりましょう。

作成サイズを上手に選ぶと良い

シール作成にあたり、サイズが大きいほど高値になります。可能な範囲でサイズを小さくすると、格安でシール作成ができるケースもあります。ハーフカットをすることで、1枚のシールに対して複数の種類を加えることが可能です。業務用やノベルティー以外の方法で利用する場合には、コスパの高さを得られるでしょう。鋭角がなく深く切り込む必要がない形状ならば、ハーフカットの作成が可能です。
費用面を抑えたい場合は、シールの表面を保護するラミネート加工を控えることも一つの方法です。業者で行うシール作成の印刷時は、耐久性が高く紫外線の光によって硬化できるUVインクが使用されています。多少の擦過によっても、剥がれる心配がありません。水廻りでの使用以外のシール作成のケースでは、ラミネートがなくても支障はありません。使用する糊は、普通糊なら費用を抑えられます。

できるだけ格安でシール作成をする方法

ネットでシール作成を印刷する場合の料金設定は、納期を急いで欲しい場合は費用が増えるシステムが多いです。予め使用する日が決まっている場合は、余裕を持って依頼をすると良いでしょう。シール作成では、紙のふちまで印刷を行いますから、塗り足しが必要となります。カットラインが切れないように、最低でもプラスマイナス1mm程度は余白を設けましょう。
シュミレーターでデザインを作成する場合、ずれがないように作成をしましょう。データチェックを印刷会社が行い、再入稿になればその分日数を要することになります。納期の遅れが生じないように、できる範囲は自分で入稿前にチェックをしましょう。
リピートでの注文が見込まれる場合は、会員登録をする方法があります。購入金額に合わせてポイントが加算されて、有効期間内なら次回のシール作成時に印刷費用に充てることが可能です。

ピックアップ記事

シミュレターを上手に活用して格安シール作成

自分でシミュレターを用いてデザインを作成を行い、シール印刷をすることで、格安の費用で仕上がるでしょう。ツールパレットの機能を知ると、シール作成のイメージを抱きやすくなります。初めてイラスト作成をする場...

格安になりやすいシール作成の納品形態

納品形態は、シール作成の種類によっていくつかあります。1枚のシートに対して複数並んでいるシートカットタイプがあります。シートに対して枚数指定ができると、紙の大きさに合わせた対応が可能です。概ね格安でし...

格安でシール作成する場合サンプル確認が必要

目的に応じたシール作成を格安で行うには、サンプル請求を行い品質の確認をする作業は必要となります。実際の仕上がりにおける品質の見込みや、シール作成で使用する糊や紙の質感を確認できると、仕上がりのイメージ...

格安になりやすいシール作成の種類

格安でシール作成をするにあたり、印刷で使用する紙の品質を確認することは欠かせません。ユポ紙は耐水性が強く破れにくいので、水廻りでも使用しやすい素材です。質感はマット調なので、低い光沢でしっとりとした手...