育児休業取得者終了届を提出

「子どもが1歳になるまで育児休業をするつもりでいたけれど、運よく保育所も見つかったし、体調もいいので、予定より早く職場に復帰したい」、そういうお母さんも少なくありません。そういう場合には、復帰後すぐに、勤務先である会社を管轄する社会保険事務所に「育児休業取得者終了届」を提出しなければなりません。これは育児休業・育児休業に準ずる休業を実施している労働者が、第1子と第2子の出産の感覚が短いなど次の子どもの産前・産後休業にはいった、子どもが死亡した、自分自身の病気・ケガ等のために子どもを養育できなくなった、子どもと別居することになったために子どもを養育できなくなった、子どもとの養子縁組を解消した場合も含まれます。「育児休業取得者終了届」を提出するのは、事業主が育児休業を行っている被保険者について「育児休業取得者申出書」を健康組合に提出しているので、育児休業期間中の保険料が事業主・被保険者ともに免除されているからです。また2005年4月から育児休業等を終了した際、3歳までの子どもを養育してするため短時間勤務制度を利用するなど、被保険者の給料が育児を理由に下がった場合、被保険者からの申出により、固定賃金の変動に関わらず、標準報酬月額の改定ができるようになったため、「育児休業取得者終了時月額変更届」を提出する人もいるようです。予定通りに職場復帰する人は、「育児休業取得者終了届」の提出は不要です。覚えておきましょう。