出産後も仕事を続けたいと考える女性は、年々増加しています。ですが、出産前に育児休業については十分に下調べをしても、復帰を想定した準備を進めておかなければ、スムーズに職場復帰ができないことは案外忘れられがちです。法律上は出産の翌日から8週間という、産後休暇だけで職場復帰できることになっていますが、育児休業を取得する余地は残しておきたいところ。実際に出産してみないと育児しながら職場復帰する実感はわかないものですし、0歳児を預かってくれる保育園の確保は予想以上に難しいのが現実です。また生後6カ月までは、母乳育児が望ましいとされています。このころには、授乳回数も安定していることが多いので、復帰時期として一つの目安するのもいいでしょう。妊娠中や育児休業中は、気づかないところで職場の方々には迷惑をかけていることが多いので、復帰の際には周りに対する気遣いをしたいもの。また、産後の職場復帰を快く思わない方もいるかもしれないので、スムーズに職場復帰をするための準備を怠らないよう、育児休業中もメールやインターネットを使って、職場の人たちと情報交換しておくのがベター。復帰してからも、保育園や実家に子どもを預けるにしても、生活のペースや病気に対するある程度の免疫ができるまでは、出産前と同じペースでは働けないものです。身近にいる育児ママや、会社で子育てしながら働いている先輩に相談しながら、育児休業後の復帰時期、復帰後の働き方を検討し、そのために必要な準備を出産前から始めるようにしましょう。不安を感じる人も多いでしょうが、働くお母さんの誰もが通ってきた道です。前向きに乗り越えていきましょう。