育児休業期間の改正。

2010年6月30日に、育児・介護休業法が改正されました。中でも育児休業に関しては、専業主婦(夫)を持つ親でも育児休業が取得できるようになったほか、柔軟な日程でとることが可能になりました。まず基本的な育児休業の期間についてですが、原則として子が満1歳に達するまでと定められています。ただし、保育所への入所を希望しているが入所できない場合、子の養育を行っている配偶者で、1歳以降子を養育する予定であったものが、死亡、負傷、疾病等の事情により子を養育することが困難になった場合は、子が1歳6カ月になるまで、育児休業期間を延長できます。今回の育児休業法の改正ではこのほかにも、父母がともに育児休業を取得する場合、子どもが1歳2カ月までの間に、1年間育児休業を取得できる「パパ・ママ育休プラス」を導入し、実質2カ月の期間延長が可能になりました。また通常は、育児休業は子1人に対し1回しか取得できませんが、出産後8週間以内に育児休業を取得した父親に限って、再度育児休業が取得できるようになりました。また、3歳までの子を養育する労働者に対しては、1日6時間の短時間勤務制度を設けることが義務化されたり、小学校就学前の子どもが1人であれば年5日、2人以上であれば年10日の看護休暇が認められるなど、育児休業制度が適用される期間が長くなり、余裕ができました。こうした法改正をしっかり理解して、勤務先とも十分話し合ったうえで、必要に応じて活用していきましょう。